よくあるご質問

ご質問にお答えします

 

​パイロットは視力が良くないとなれませんか?

最近は眼鏡やコンタクトをしているパイロットも多くいます。
自家用であればレーシック手術で視力回復されている方もいらっしゃいます。

詳しくは航空医学研究センターの航空身体検査マニュアルをご覧になり、かかりつけのお医者様や航空身体検査指定機関にお問い合わせください。
<航空身体検査マニュアル>

https://www.aeromedical.or.jp/manual/manual_1.htm

訓練期間について教えてください

訓練にどれくらいの時間を割けるかで期間が決まります。
自家用操縦士を取得するために100時間の訓練が必要ですので、訓練期間は3か月~半年程度を見込んでいます。

年齢制限はありますか

特に設けていません。
​17歳以上で航空身体検査に合格できる方であれば訓練は可能です。

英語が苦手です

当校は日本国内で訓練をするため、特に英語の要件を設けていません。
しかし、実際に飛行機で訓練をするときは決まったフレーズの航空英語を使います。
それは覚えた方がいいと思います。
​(海外のパイトットが日本語の無線を理解するのは難しいですよね)

提携ローンはありますか

特にご用意していません。
ローンをご希望される方はご自身で日本政策金融公庫やお取引のある銀行や新規にご相談ください。
<日本政策金融公庫>
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

電話:03-6432-0228

東京都港区新橋6-15-8 空調ビル3階

©2019 by 日本フライトアカデミー