Plane

よくあるご質問

ご質問にお答えします

 

​パイロットは視力が良くないとなれませんか?

最近は眼鏡やコンタクトをしているパイロットも多くいます。
自家用であればレーシック手術で視力回復されている方もいらっしゃいます。

詳しくは航空医学研究センターの航空身体検査マニュアルをご覧になり、かかりつけのお医者様や航空身体検査指定機関にお問い合わせください。
<航空身体検査マニュアル>

https://www.aeromedical.or.jp/manual/manual_1.htm

訓練期間について教えてください

正直、分かりません
自家用の基本訓練期間は3か月です。
訓練される方がどれくらい訓練の予習・復習をするか、どのくらいの頻度で訓練されるかで訓練期間は大きく変わります。

会社に勤めながら訓練できますか?

訓練できます。

ほとんどの訓練生が、土日や仕事の休みを利用して訓練しています。

飛行機の免許も、車の免許も、乗り物を動かすための免許です。
​車の免許を取るのに会社を辞める人はあまり聞かないと思います。

年齢制限はありますか

特に設けていません。
​17歳以上で航空身体検査に合格できる方であれば訓練は可能です。

英語が苦手です

特に英語の要件を設けていません。
管制官とは日本語または英語での通信になります。
多くのパイロットはフライトする際には決まったフレーズの航空英語を使うので、それは覚えた方が良いと思います。​(海外のパイロットさんたちが日本語の無線を理解するのは難しいですよね)

提携ローンはありますか

特にご用意していません。
ローンをご希望される方はご自身で日本政策金融公庫やお取引のある金融機関にご相談ください。
<日本政策金融公庫>
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

電話:03-6432-0228

東京都港区新橋6-15-8 空調ビル3階

  • Facebook

©2019 by 日本フライトアカデミー