JFCAが提供する訓練一覧

効率化した訓練で最高のコストパフォーマンス

日本で航空機の免許を取ることは決して難しくありません。

 

​自家用操縦士

パイロットへの第一歩

自家用操縦士は趣味で飛ぶ方からプロになる方まで多くの方が最初に取る免許です。

訓練について

​仕事をしながら訓練ができます

訓練できる方

16歳以上の健康な方であれば、どなたでも訓練ができます

  • ​自家用操縦士
    17歳以上(年齢の上限はありません)
    航空身体検査に合格できる方

  • 計器飛行証明
    自家用操縦士免許、または事業用操縦士免許をお持ちの方

  • 事業用操縦士
    自家用操縦士免許
    (時間付けは訓練開始後でもOK)

Aircraft Hangar
Planes

費用

まずは、お問い合わせください。

​希望する免許、保有資格や経験によって訓練費は異なります。
見積書でご確認ください。

​訓練開始までに訓練預託金(訓練費の一部)をお預けいただいています。
実機訓練費は1度に10時間以上で預託で割引きする制度があります。


詳しくはお問い合わせフォームから見積もりをご依頼ください。

入学までの流れ

訓練は決して安いものではありません。

一般的な流れ
・お問い合わせ(無料)

一人一人に合わせた見積もりを作成いたしますので、取得希望の免許の種類とこれまでの飛行経歴をお知らせください。
 ↓
・施設見学(無料)
直接ご説明を受けられたい方や施設の見学をされたい方は個別無料説明会お申込みください。
遠方の方はメールやお電話での対応も可能です。
 ↓
・ご契約
契約内容をよく確認してください。
分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
(この時点ではこちらから営業は致しません。)
 ↓
・訓練費振り込み
見積書に指定された訓練開始時納入金を納めていただきます。

 ↓

 訓練開始🛫

Plane

入学要項についてのご質問は、直接お問い合わせください。

 
 

電話:03-6432-0228

東京都港区新橋6-15-8 空調ビル3階

©2019 by 日本フライトアカデミー